嫁ぐ約束をした証|銀座ダイヤモンドシライシがお勧め|恋から愛に変わる瞬間

銀座ダイヤモンドシライシがお勧め|恋から愛に変わる瞬間

男女

嫁ぐ約束をした証

ハート

身につける女性の好みで

婚約指輪とは、特定の男性に嫁ぐことを決めた女性が、その証として身につける指輪です。婚約指輪は、一般的には男性が購入することになっています。男性が、あらかじめ購入しておき、それを女性に渡しながらプロポーズをするのです。そのため婚約指輪は、女性にプロポーズを受け入れてもらうために、愛情と経済力とを示すようなものがよく選ばれています。具体的には、デザインが豪華だったり、美しい宝石がついていたりする指輪です。高価なほど、愛情が大きく経済的なゆとりがあると主張することができるわけです。しかし身につけるのはあくまで女性なので、昨今では、女性が自分の好みで婚約指輪を選ぶことが増えてきています。女性がプロポーズを受けた後、男性側の予算を確認した上で、希望する婚約指輪を選ぶのです。

結婚指輪との重ねづけ

結婚指輪の場合は、左手の薬指につけることが一般的となっています。一方婚約指輪は、特につける指は決まっていないものの、多くの人が結婚指輪にあわせて左手の薬指につけています。その場合、結婚式では外しておく必要があります。そして結婚指輪をつけた後で、その上から婚約指輪をつけるのです。まるで蓋のように婚約指輪をつけることになるので、これにより結婚指輪は簡単には外れなくなります。つまり重ねづけをすることには、婚姻関係を永遠に持続させるという意味合いがあるのです。そのため、左手の薬指に婚約指輪をつける時には、結婚指輪との重ねづけを考慮したデザインにすることが大事とされています。具体的には、色合いやデザインなどが、結婚指輪と合うような婚約指輪を選ぶのです。